ふと思うこと

昨日は小雨が降ったり止んだりで少し肌寒い一日だった。
そんな中、近所の田んぼから田植えの準備のための耕運機の音が。
しばらくすると白鷲がやって来て耕運機が土を掘り返した場所からご馳走にありつこうと後をついて歩き出した。
野生の鳥たちは耳がいいのか目がいいのか耕運機とセットでよく見かける。
そう言えば以前こんなシーン撮ったことあるな~
私の記憶力は日々衰退しているようで確か同じ5月だと思ってたのにいくら探しても見つからない。
どんどん遡って2005年の3月のフォルダの中からやっと見つけ出した。(↓の写真)
わりとよく見かける光景だからとこのとき以来こういうシーンは撮ってないけど
あと何年後かにはこんな光景も見られなくなるのかもしれない。
この一角は今も4年前のこの時と変わらないけど周りは少しずつ田んぼから宅地へと変わってきている。
人口が減って来ているのに造成された宅地が増えるというのも考えてみればおかしな話で
やっぱ核家族化が以前にも増して急速に進んできているということなんだろうな・・・

a0080526_1237446.jpg
a0080526_1238012.jpg

[PR]
by zeiphoto | 2009-05-29 13:41 | いろんな記事 ▲ TOP


<< イチリンソウ 静かな時間 >>